4月24日 オフィスが停電でした。

台湾情報
スポンサーリンク

業務時間中に停電です。

本日 昼の12時過ぎ辺りにビル全体が停電になりました。

突然、パソコンの画面が真っ暗になりました。 どうも停電のようです。
しばらく、同僚と話をして時間をつぶしていましたが、10分しても20分しても、回復しません。
エレベーターホールや、階段の電灯も消えて、真っ暗です。事務所があるのは8階ですので、
気軽に外へも行けません。水も使えなくなるので、まずトイレに行ってきました。

窓から、回りのビルを見ても、普通に働いています。
近くの交差点の信号も稼働しています・・・・20分くらいで警官が交通整理にきました。
どうもこのビルのあるブロックだけ停電でした。

1時間たっても復旧しません。

一時間ほどで、エレベーターが稼働して、共有場所の電灯が点きました。
(バッテリーをつかって、稼働させたそうです。)
しかし、事務所内の電灯やエアコンは停電したままです。
室内が暑くなってきたので、昼食も兼ねて、外に出ることにしました。
もちろん事務所には、施錠してでかけます。

スポンサーリンク



事務所のビル付近のカフェやファーストフード店は、同じように停電でビルに居られなくなった人で一杯です。
少し離れたカフェでランチを食べて、ドリンクを飲んで長居しました。
同じ会社の仲間と「Line」で連絡を取り合って、事務所に帰ってきたのは、3時を過ぎてました。
結局、3時間あまり、停電でした。

営業時間中に、外で時間潰し

2年程前にも、ビル全体が停電になったことがあります。この時は5時近かったので、業務は終了して帰宅しましたが、今回は、ちょっと時間が早かったので、帰宅とはなりませんでした。

台北では、4月とはいえ、外の気温は30℃近くまで、上がります。
オフィスビルでは、窓も開けられませんので、事務所にいることは、熱中症の危険があります。
日本では考えられませんが、業務時間内でも、外に出て、時間をつぶします。

事務所のあるビルの1階には、銀行が入っているのですが、さすが銀行ですね。停電で閉まることはありませんでした。(充電器が備え付けてあるようです。)



コメント