初夏のフルーツ「ライチ」

台湾生活

ライチの季節になりました。

3月から10月までが高温の台湾で季節の変わり目を感じることは少ないです。私はスーパーマーケットでライチを見ると夏が来たなと感じます。

ライチの種類は主に3つ

ライチといっても主に3つの種類があります。私は「玉荷包」をよく食べます。

参考サイト:不只玉荷包好吃!台灣荔枝還有這些品種!

店頭で枝付きで販売しています。

台湾に来て、ライチのおいしさを知りました。日本では冷凍ライチしか食べられないので、その甘さと触感の良さで大好きになりました。

旬のライチこんなにいいことがあります。

良いと思われる点3点

  1. ビタミンC、カリウム、葉酸が豊富。
  2. 皮も簡単に剥けます(マンゴーやパパイヤに比べるとお手軽にたべられます。)
  3. ジュースやスムージーにも向いています。

ちょっと注意する点

おいしくて栄養満点だけど、こんなことに注意指定下さい。

  1. 傷みやすいので早めに食べてください。
  2. 食べ過ぎると諸症状があるので注意してください。のぼせ、イライラ、鼻血など
    これはライチが陽性のフルーツだからです。
    (大人は、一日に10粒くらい、子供は5粒くらいが適量です。)

こんな大きなサイズのライチもあります。通常のライチの2倍くらいの大きさです。

贈答用のライチですので、通信販売で購入します。

まとめ

台湾では、普通のスーパーに枝付き(50粒~60粒)が100元ほどで売っています。

枝付きのライチはフルーツ専門店や、カルフールで購入できます。

冷蔵庫で冷やして食べると喉越しが良くて、いくらでも食べられますが、食べ好きには注意してください。種もあるので、丸呑みはやめて下さい。旬の期間は5月の終わりから6月いっぱいです。枝に実がしっかりついているものを選んでください。

著者紹介

M-Bessho
台湾在住歴5年
南港展覧館を中心に展示会見学を趣味にしています。
台湾進出をお考えの方、質問にお答えします。



 

コメント